housing-story

施工事例

家づくりの愉しみを支える工務店

家づくりの愉しみを支える工務店
エリア 所沢市
ご家族 ご夫婦
Owner’s Voice
お客様の声
家づくりの愉しみを支える工務店
勧められるがままにハウスメーカーで建てたプレハブの家が手狭になりました。レディメイドの融通のきかない家に永年住み続け、いつかは自分の思い通りの住まいを実現したいという願いを、三協建設さんが叶えてくれました。
  • 家づくりの愉しみを支える工務店
    POINT
    1
    私の理想の住まいの青写真はほぼできておりましたが、その中でもOMソーラーは絶対採り入れたいと思っていた技術で、OMの会員工務店で、知識や姿勢に一番共感できた三協建設に家づくりをお願いすることにしました。私は趣味で山登りをしていて、飯能のよさや西川材が優れていることも知っていたことが大きかったかもしれません。
  • 家づくりの愉しみを支える工務店
    POINT
    2
    建てて後悔しない家を目指しましたので、打ち合わせに1年間くらい、建てるのに1年二ヶ月かけました。その間、夏の暑い三ヶ月間、自分たちで内壁を塗ったり、図書館で専門書の「建築知識」を読みあさり予備知識を蓄えたり、建具の使い勝手に相当こだわったり、最新のシステムキッチンのようなキッチンも造り付けたりと、思う存分家づくりの愉しさを味わいました。(笑)
  • 家づくりの愉しみを支える工務店
    POINT
    3
    三協建設さんは私のわがままに最後まで嫌な顔ひとつせず、付き合ってくださいました。ここまでやってくれる会社はないと思います。
  • 家づくりの愉しみを支える工務店
    POINT
    4
    建てる当初、不安がなかったわけではありません。間仕切りしていない分、冷暖房の負担が大きいのではと危惧しておりましたが、実際に住んでみると夏はエアコン一台でたまに使う程度。冬はほとんどOMソーラーの暖かさで過ごすことができ、補助暖房はめったに使いません。屋根裏のアルミ遮熱シートやペアガラスのサッシュ、サンルームの効果もあって石油ストーブには年に一度給油するくらい。こたつは処分してしまいました。
  • 家づくりの愉しみを支える工務店
    POINT
    5
    心地よい住まいとして7年経った今も、後悔しない家づくりをという私の想いと、三協建設さんの家づくりに対する妥協のない姿勢が結実した我が家は、家族の暮らしを快適に包み込んでいます。
~Parts Gallery~
フォトギャラリー
  • 扉なしの調理器具入れ

    一日の作業でキッチンに立つ時間ってすごく長いんですよね。だからこ...

  • 和のスペース。

    和室というより和のスペース。そんな言葉が似合うような、ちょっとし...

  • 和モダンな和室

    キッチン前のくつろぎ空間に、掘りごたつ+畳の間をご用意しました。...

  • 真壁の和室。

    まるで上質な宿のような和室。柱の見える真壁の和室を作らせていただ...

  • 上部収納っていいですね。

    和室の収納にはお布団を2組入れる設定にしています。もちろん大きい...

  • スッキリと美しく。

    スッキリと美しく。 白と茶色を基調にしたスッキリとしながら美しい...

  • 見渡せる空間。

    ダイニングテーブルとリビング。 小さなお子様がいるご家庭は、いつ...

  • 床の使い分け

    お客様に合ったご提案を。 洗面室の床材は、無垢材を使うことも多い...

  • 大空間って気持ちいい。

    大空間って気持ちいい。 天井の高いこちらのリビングは、2階につづ...

  • ストーブと木の家

    ストーブと木の家 資源に優しく、お住まいを暖めてくれるストーブと...