housing-story

施工事例

皆が集まる心地よい家

皆が集まる心地よい家
エリア 所沢市
ご家族 ご夫婦+子供1人
Owner’s Voice
お客様の声
皆が集まる心地よい家
私は日頃、雑誌「住む。」を愛読しておりました。そこに見られた丁寧な暮らしができる家が欲しいと思いました。地産地消で地元の木を使い、近所の顔が見える大工さんに建ててもらうという、そんな当たり前の家づくりがしたいという願いは、必然として飯能の木で家を建てる三協建設への依頼と結びつきました。
  • 皆が集まる心地よい家
    POINT
    1
    土地をすぐに見に来てくださった担当者さん、伺うとすぐ近くにお住いの方でした。それからは一気に打ちとけて「これも何かのご縁ですね」と。ざっくばらんでアットホームな雰囲気の三協建設さんに、単に施主と施工業者のつながりではない魅力を感じました。聞けば木材のトレーサビリティに取り組んでおられるとか。身近な存在なのに理念と行動は崇高という素晴らしい会社だと思いました。
  • 皆が集まる心地よい家
    POINT
    2
    何度も足を運んだ見学会、楽しんで学べた家づくりアカデミー。我が家に使われる木のルーツまで知ることができるなんて感激でした。頼んだら業者任せではなく、自分たちもそこに参加できる、家づくりが何か一つの楽しいイベントのようでした。その一つが一階の壁の塗装で、自分たちで塗ると言ったら、担当スタッフさんも面白がってくれ協力してくださいました。
  • 皆が集まる心地よい家
    POINT
    3
    いろいろお願いしても嫌な顔ひとつせず、また否定されることもなく私たちの希望を叶えてくれました。子供連れでよく伺ったのですが、かわいがって下さりスタッフさんになついちゃって(笑)。家づくりって施主と施工業者のキャッチボールだと思います。それって良き家族関係を築くことと同じですよね。ある意味三協さんは家族同然の存在だと思います。
  • 皆が集まる心地よい家
    POINT
    4
    エアコンが苦手という人いますよね。我が家にはエアコンがありません(笑)。陽当たりがいいし、木の床なので寒く感じたことがありません。最近は猛暑が続きますが「今年はさすがに買おうか?」と相談しますが、どうにか買わずに済んでおります。やはり家そのものの性能と設計がいいことはたしかなようです。
  • 皆が集まる心地よい家
    POINT
    5
    子供も部屋にこもらずダイニングで勉強してます。自然と皆がリビングダイニングに集う、そんな心地よい家になりました。
~Parts Gallery~
フォトギャラリー
  • 扉なしの調理器具入れ

    一日の作業でキッチンに立つ時間ってすごく長いんですよね。だからこ...

  • 和のスペース。

    和室というより和のスペース。そんな言葉が似合うような、ちょっとし...

  • 和モダンな和室

    キッチン前のくつろぎ空間に、掘りごたつ+畳の間をご用意しました。...

  • 真壁の和室。

    まるで上質な宿のような和室。柱の見える真壁の和室を作らせていただ...

  • 上部収納っていいですね。

    和室の収納にはお布団を2組入れる設定にしています。もちろん大きい...

  • スッキリと美しく。

    スッキリと美しく。 白と茶色を基調にしたスッキリとしながら美しい...

  • 見渡せる空間。

    ダイニングテーブルとリビング。 小さなお子様がいるご家庭は、いつ...

  • 床の使い分け

    お客様に合ったご提案を。 洗面室の床材は、無垢材を使うことも多い...

  • 大空間って気持ちいい。

    大空間って気持ちいい。 天井の高いこちらのリビングは、2階につづ...

  • ストーブと木の家

    ストーブと木の家 資源に優しく、お住まいを暖めてくれるストーブと...