housing-story

施工事例

森とともに生きる家

森とともに生きる家
エリア 所沢市
ご家族 ご夫婦
Owner’s Voice
お客様の声
森とともに生きる家
以前は湾岸エリアに住んでおりましたが、むしろ山が大好きな私は飯能に移住したいと願っておりました。ここは眺めの良さが気に入り決めました。森の立ち木を可能な限り残して、自然と共生するOMソーラーの家です。
  • 森とともに生きる家
    POINT
    1
    これまで高層マンションやハウスメーカーの家に住んだ経験から、「次に建てるなら、無垢の木と珪藻土で」と願っておりましたが、立地場所が寒い地域に移るので、「OMソーラーは絶対入れたい」と思い、OMソーラーの会員工務店を何社かあたったなかから一番気に入った三協建設に家づくりを託しました。
  • 森とともに生きる家
    POINT
    2
    OMの太陽熱で空気を暖める方式で、冬は家に帰るとほわっと暖かく、外が氷点下でも13℃以下にはなりません。ほどよい暖かさが心地よいし、自然からもらっているという感覚がいいです。
  • 森とともに生きる家
    POINT
    3
    真冬にはさすがに補助暖房を使うこともありますが、初冬はOMだけで済まされます。夏はお湯採りをしていることもあり、電気代、ガス代が安くなり、ガス代は基本料金くらいで済むようです。一度、夏になると急に使用料が減るので、不思議がった業者が確認に来たこともあります(笑)。
  • 森とともに生きる家
    POINT
    4
    土地が特殊だったので施工には相応の苦労もあったのでしょうが、一生懸命よくやってくれました。三協建設さんとここ飯能に巡り合ったのは運が良かったのかもしれません。妻もアフターメンテナンスや点検に手を抜かない三協さんに感謝しています。
  • 森とともに生きる家
    POINT
    5
    今は夏にひんやりとした森を散策し、秋には紅葉を楽しみ、冬は葉を落とした木々の間から夜景を眺めることもできる別荘のような、安心安全のこの家で趣味の陶芸や絵画を楽しんでおります。
~Parts Gallery~
フォトギャラリー
  • 扉なしの調理器具入れ

    一日の作業でキッチンに立つ時間ってすごく長いんですよね。だからこ...

  • 和のスペース。

    和室というより和のスペース。そんな言葉が似合うような、ちょっとし...

  • 和モダンな和室

    キッチン前のくつろぎ空間に、掘りごたつ+畳の間をご用意しました。...

  • 真壁の和室。

    まるで上質な宿のような和室。柱の見える真壁の和室を作らせていただ...

  • 上部収納っていいですね。

    和室の収納にはお布団を2組入れる設定にしています。もちろん大きい...

  • スッキリと美しく。

    スッキリと美しく。 白と茶色を基調にしたスッキリとしながら美しい...

  • 見渡せる空間。

    ダイニングテーブルとリビング。 小さなお子様がいるご家庭は、いつ...

  • 床の使い分け

    お客様に合ったご提案を。 洗面室の床材は、無垢材を使うことも多い...

  • 大空間って気持ちいい。

    大空間って気持ちいい。 天井の高いこちらのリビングは、2階につづ...

  • ストーブと木の家

    ストーブと木の家 資源に優しく、お住まいを暖めてくれるストーブと...